2017-12-13
e0025310_22334044.jpg
寒さに加えて、カラカラに乾燥した毎日に閉口する。
そんな気候もあってか、仕事中に咳が止まらない。風邪のそれとはまったく違うことはわかっている。繁忙の状態になると体が勝手に反応する例のアレだ。病院に行っても原因が特定されず、気休めのトローチが処方されて終わるやつだ。身体は正直というけれど、そこまで正直じゃなくていいんだよ。実際、自宅に戻って腑抜けていると、ウソのように止まっているしなあ。少しでも咳が緩和するようにと、のど飴を口に含んで作業する。
そういえば子供の頃、ふざけながら飴を舐めていて、のどに詰まらせたトラウマが蘇る。一緒に遊んでいたS君は心配そうにこちらを見つめ、当の本人は吐き出すことも飲み込むこともできず、ロクに呼吸ができない状況に焦るばかり。ヒーヒー泣きながら数分間くらいは苦しんだろうか。飴はようやく溶けたのか、スポっと胃の中に落ちていった。それからだろうか、飴はほんの一瞬味を確認した後、ガリガリとかみ砕いてしまう癖が治らない。...要するに、自分にとってのど飴は「止まらない咳」に対する効用がね、ほとんど、ない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
# by musik_hibi | 2017-12-13 22:42


日々のetc...
by musik_hibi