2017-12-14
e0025310_23563955.jpg
たとえばね、身体にハンディキャップがある人が自分の声で「電気点けて」「フロ沸かして」なんてアレコレとコントロールするのは問題ない。とても便利だし、まさにうってつけの技術だと思うんだけど、「今度の休みどこ行けばいい?」「ムードを盛り上げる音楽かけて」という類のその人のセンスに関わる部分までキカイ任せにするのは違和感があって、ある意味、人類として退化のはじまりに思えて仕方ない。
AI(人工知能)って言葉を聞いたのは随分前だったと記憶してる。その時は「自動運転」できるロボットが増えるのかな?くらいの感覚でいたけど、最近は様々なものに応用されて、よく言えば思いもよらない製品になって世に出てきている。でもまあ便利だけどなくても困らない機能は、魅力をあまり感じない。
身近なところでは、AIとはちょっと違うけど、写真のフィルタ、コントラストや明度、カラーバランス、リサイズという一連の作業をマクロ化して数百枚同時に処理する。...なんてのも、まあ便利で楽だけど。なにか違うよね。個々人の心情を離れて行われてしまうものは、楽だけど違和感。...てところか。
そういえば、知人が iPhoneの「Siri」とWindowsの「Cortana」の音声をマイクで拾ってコミュニケイトさせる実験を試みたといっていた。
どういう結果なのか興味津々だったのだけど、「会話は成立しなかった」ってさ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
# by musik_hibi | 2017-12-14 22:01


日々のetc...
by musik_hibi