心的断捨離

e0025310_17591529.jpg
夏までには、と決めていた欲しいカメラを前倒しで入手した。これまでにない高スペックで、価格も自分にとっては高価である。いつもは型落ちの中古を狙うのが慣例だけど、今回は現行機種でほぼ新品。
入手を決定した時点で「そこから購入までの時間は無情に過ぎていく」と考えたら、その戻らない時間がもったいないと思えた。また、購入を正当化するための事前のリサーチ。例えば、画質や機能、質感に至るまで褒めている記事を見つけて、いちいち自分を納得させていることが見苦しいと思ったのも、早期に購入に踏み切った理由のひとつである。「使い倒してナンボ」の機材類は、とっとと入手してそこから生み出されるものを量産した方が賢明だ。気持ちの中に累積していく「余計な感情」はすべて捨てて、手を動かす方が健康的ではないだろうか。それが生活を窮してしまうほどの高価なものであれば、また話は別だけど。
こんなことを、自分がこの世界から消えてなくなるまで繰り返すんだろうな。そんな意識を持った。つまり、ひとつのシアワセを手に入れた瞬間でもある。
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

[PR]
# by musik_hibi | 2017-06-04 22:34


日々のetc...
by musik_hibi