e0025310_18182902.jpg
同じ写真をinstaにもアップしている。「フレットがなんでこんなにピカピカなのだろう?」とキャプションを付けたが、よく見たら単に手ブレを起こしただけの写真で自分の間抜けさに脱力している。そもそも、ピカピカに見えているのは「指板」で、このベースはフレットレスなので「フレット」はピカピカしようがない。お寺の住職に「髪型がステキですね」と言っているようなものである。

お知り合いの写真家が新しいカメラを入手したことを知って、少なからず自分の「カメラ熱」が刺激される。こういうのはよくあることで、自分の環境を見直すきっかけになることが多い。とはいえ、フトコロ事情という現実を直視しつつ慎重にもなる。とうてい手が届かないというものではないが、それなりの決心が必要な価格帯のものというのはいつも悩ましい。それを手にすることで、どのくらいのシアワセがあるか、などということを最近は特に意識してしまう。感謝の気持ちはいつしか薄れ、気が付けば当たり前のように思ってしまうことが常だからだ。一気にテンションが上がることを「熱を上げる」と表現する。「熱に浮かされる」なんて言い方もあったっけ。熱にやられているときは安静にしている方がいい。




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
# by musik_hibi | 2017-02-10 02:19


日々のetc...
by musik_hibi